HOME > おすすめ商品

おすすめ商品

デクスター (海外ドラマDVD)

マイアミは一年を通して温暖な気候だから、朝、目を覚ますと腕に蚊が止まっていることが多い。見つけたらそいつを勢いよく叩き潰して、さっきまで吸われてた自分の血が腕に小さく広がるくらいが理想的。それが上手くいけばちょっと嬉しくて口角が上がっちゃう。


とりあえず、顔を洗って髭を綺麗に剃ることから始めよう。ここで電動カミソリなんていう無粋なものは使わずに、床屋で使ってるようなカミソリで丁寧に行う。顎下あたりが手の狂いでちょっと切れちゃうくらいがいい感じで、その場合は洗面台に常備してあるガーゼで止血をしよう。2、3滴、洗面台に血が滴り落ちても気にせずに、むしろゆっくりとそれを眺める余裕を持つことは大切。


さあ、朝食を作ろう。まずはハム・ステーキ。冷凍してラップで包んであるそれを取り出して、無意味にナイフで二、三度切れ目をいれよう。熱しておいたフライパンにハム・ステーキを放り込んで、頃合のいいところでナイフで刺してフライパンから取り出し、そのまま食らいつく。お皿に乗っけるなんていう上品なことをしている場合じゃない。空腹なのだ。


次に目玉焼きだ。卵の割り方が重要だ。ジェントルマンを気取って丁寧に割るんじゃなくて、殻に指が食い込むかのような勢いで割る。黄身が潰れてしまわないように心掛けることは確かに重要だが、もっと重要なのは殻に指を食い込ませることだ。熱したフライパンで卵を焼き、白身が固まり始めた頃に、さきほどハムステーキのときに使ったナイフで黄身に切れ目を入れて潰す。このとき、ねじり切るような動きをナイフにもたせることが理想的だ。鍛錬次第でこれはできる。うまく焼けたら、今度は一転して丁寧に皿に盛っていただく。朝の儀式に、意味があるのかないのかを深く考えてはいけない。


おっと、喉が渇いてきた。しかもカフェインを摂取したい気分だ。こんなときはコーヒーだ。電動ミルの唸りに耳を傾けながらコーヒー豆をカットし、そのあとフレンチプレスで抽出だ。スターバックスも一押しのこの抽出方法で朝から美味しいコーヒーが飲めるという贅沢。


ああそうだ、ビタミンも補給しておかないと。今するかしないかで、一日の調子が大きく変わるってものだ。搾り器にオレンジをこれでもかというほどに捻り込んで、果汁を根こそぎ奪い取れ。朝のビタミンをこのジュースでつかみ取れ!

食事の後に歯磨きは欠かせない。歯間に残った歯垢も糸を使えばキレイに取れる。ある程度力を入れても歯茎を鍛えているから血が出たりすることもない。


さあ、身支度を始めようか。まずは靴だ。日本人は室内では土足じゃないから不思議に思うかもしれないが、アメリカ人の身支度は靴から始まる。少なくとも、このマイアミではそうだ。ブーツ派だから紐は一つ一つ穴に通していき、最後は力いっぱい締め上げる。靴の履き心地が緩いなんて真っ平だからな。


そしていよいよ朝の最後の儀式、Tシャツ装着だ。ただ普通に着るんじゃなくて、襟首がユルユルになってしまうんじゃないかという不安を過ぎらせるくらいに襟首周辺に顔を押し付けながら首を出す。ユルユルになったら、買い替えればいい。小さなことに捉われていたら、人生はつまらなくなる。捉われていいのは、掟だけだ。辛くなったら、セラピーに行けばいい。よし、じゃあ今日も元気にいってきます。


上記の文章の意味を知りたい方は「デクスター」という海外ドラマを観て下さい。ディスク2~3あたりでその面白さに驚いてしまったあなたは、きっとこう言ってしまうでしょう。
「ウソだろ!?」

プラナスガール (漫画)

■作者:松本 トモキ


桜の咲く頃、出会ったあいつは・・・!!


合格発表で一目ぼれしたあいつは実は・・・なお話です
「なぜうちの高校には絆ちゃんがいないんだ」とも言わしめたヒロイン絆ちゃんとそれに翻弄される主人公。
ちょっとアレな設定がありますが毛嫌いせずに是非読んでみて下さい。

三億円事件奇譚モンタージュ (漫画)

■作者:渡辺 潤


昭和最大の未解決事件、三億円事件が平成に蘇る!?
ある一人の少年が瀕死の老刑事に「お前の父親は、三億円事件の犯人だ。」と告げられ運命に巻き込まれていく。
代紋〈エンブレム〉TAKE2、RRR〈ロックンロールリッキー〉の渡辺潤が描く昭和最大のミステリーからの挑戦状。ぜひご一読下さい。

ブラックスワン (洋画DVD)

主人公の女性は、念願の「白鳥の湖」の白鳥の座を射止めた。舞台パートナーの男性は座長である。
媚びなんてうりたくないが絶対トップで居たい。そんな彼女は次第に心を病んでいき、悪の黒鳥役の代理が自分を狙っている錯覚に陥る。
そしてついに本番の舞台で妄想と現実は混乱し代理人を殺してしまった彼女は白鳥から黒鳥となり…


綺麗なだけの恋物語じゃなかったんだなって改めて知ったけど最後はやっぱり綺麗だと思えた作品です。